『あかるい未来』 へ ようこそ !!

代表 榎本五郎
☎ 090-2032-2089

e-mail  akaruimirai@jcom.zaq.ne.jp




あかるい未来



衆院3補欠選挙投票率が低い

東京1540.7%、島根Ⅰ区54.62%、長崎335.45

日本は投票により国のトップを選ぶことができ

国民の望む国を創れる素晴らしい国です

投票に行きましょう



あちこちで戦争・紛争の危険が!

国の守りを考えてみましょう

核兵器が国の守りの最重要課題であるが

この国には真剣な議論がない

ウクライナ戦争で核大国が核を使用したら

もう一方の核大国の核の反撃はあるだろうか?

両方が滅亡することになるから ない

イラン・イスラエル戦争で核の使用はあるか?

局地的な被害だからあるかも!

東アジアの軍事的緊張で核の使用はあるか?

あるかもしれないが核大国の再反撃はない!

等々

核大国同士は両方が滅亡するから

核の打ち合いはしない!

しかし、一方が滅亡しない核攻撃はある

核攻撃はあるとして国の守りを考えるべきだ!

攻撃された核なし国は「やられ損」になるので

核の反撃手段を準備すべきだ

「核共有等」は有効な手段である

核共有等により5千発を超える核保有国の

仲間を創ればあちこちから核反撃できるので

核大国は核攻撃できなくなる

核攻撃ができなくなれば核保有が無意味になり

核廃絶の議論ができ、核廃絶への一歩となる

当面は権威主義国と民主主義国の

核のバランスを保つ必要がある

核共有等で日本も参加しょう

 

次の選挙で

核攻撃にも安全で

誰でもが

安全・自由・幸せに

生活できる

国を創る国会議員候補に

投票しよう!

 

子や孫にあかるい未来

残すために!





 

気になるマスメディア等

(黒文字は日本経済新聞の見出し等 赤字は私見)

・日本政府、バイデン氏の「日本は外国人嫌い」発言に反論

バイデンさんの言う通リ、反論する前に移民を! 2024/5/4

・核含む同盟国防衛の協議 拡大抑止(相手の攻撃を物理的に阻止し、耐え難い打撃を与える能力があることを示すことで思いとどまらせる)では「やられ損」を防げない! 2024/5/3

・報復応酬回避へ対応抑制 イラン 限定的攻撃と強調 イスラエル 当初計画を縮小 冷静な判断だ! 2024/4/23

・首相は恐れず変化を語れ 米国は一人ではない。日本は米国とともにある べったりでなく、人口最多の国のようにどことも仲良くできる国に! 2024/4/22

・米,ウクライナ支援再開へ ロシアはどう出るか?2024/4/22

・海外で買収、英語より熱量 AIとロボット、バイオテクノロジーの組み合わせも日本に向いている 国防や経済で、日本の出番である! 2024/4/21

・米、中東で究極のジレンマ 米国はイランを残忍だが理性的で、困難を乗り切った政権だとみている 米国の情報はバランスが取れている、日本もこうありたい! 2024/4/19

・日本人の祖先、3系統か 日本人は弥生時代に大陸から渡ってきた人々と縄文人の混血、古墳時代以降に渡来した人々の混血「三重構造モデル」である。これからも混血して行くだろう。日本民族を盾に移民を認めないのはナンセンスだ。兵士をロボット中心にする国は移民にも好まれ、人口が増えるだろう! 2024/4/18

・複雑化する世界とリスクシェア インドはロシアや中国とつかず離れず、EUとは個別に対応する、アジア太平洋地域と緩やかに連帯し、日米豪との4ヵ国のQuadに加わっている。どの国とも仲良くできる、学ぶべきでは? 2024/4/18

・ウクライナ敗北なら欧州は 欧州の答えは明快だ。「ウクライナは決して負けてはならない」欧州何をする? 2024/4/16

・イラン報復「作戦は完了」イスラエル出方焦点 中東に戦火拡大リスク イランもアメリカも戦火の拡大を防ぐために最大の努力をしている、素晴らしい! 2024/4/16

・中印、雪解け遠い国境対立 中国のチベット併合で国境が長くなり、中印の国境紛争は長期を想定? 2024/4/13

・日米、東アジアで即応態勢 台湾・朝鮮半島の有事備え 兵士の人数の差をどのように補うのか? 2024/4/12

・安保「米と分かち合う」 日本の若者が兵士? 2024/4/12

・ロシア、アフリカに軍事基地 ロシアが頑張っている、日本も頑張ろう! 2024/4/9

・ユーラシア覆うソ連の悪夢 ウクライナが負けると旧ソ連国が動揺する,ウクライナが負けないように応援を! 2024/4/4

・日米の部隊連携円滑に アジアの紛争には日本が対応せよとのことか? 独自の戦略を持たねば! 2024/4/4

 




代表 榎本五郎

略歴;

高砂熱工業(株)に勤務

()日建設計に勤務

建物の監理を担当

職業紹介業・植物栽培等々の会社を経営