『あかるい未来』 へ ようこそ !!

代表 榎本五郎
☎ 090-2032-2089

e-mail  akaruimirai@jcom.zaq.ne.jp




あかるい未来



震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします

被災された方々にはお見舞いを申し上げます

能登半島地震に対する国のトップの言葉である

何度聴いたであろうか!

この言葉のない国にしてください

私が投票した国会議員や政府の方々の

最大の仕事です

数十秒で逃げ込める

耐震&津波シェルター等々があれば

国民の生命の危険がなくなります

シェルターの仕様と設置場所を国が決め

危険な地域や家屋の人の支払う固定資産税を

充てれば無料で導入できます

シェルターの仕様により

空爆や核攻撃からも

国民を守れます!

 

地震や津波での死傷は国の過失だ

マスコミも大きく取り上げない

なぜだ!

 

次の選挙では

新しい政党&人を選ぼう

 

子や孫に

あかるい未来

を残すために!

 

 

国民を守るためにやるべきことは

・自然災害危険(地震災害、風水害、斜面災害等々)のある場所をもれなく国民に知らせ、安全に生活できる住居を提案し、いま、危険地域にある住居は災害対策を実施する。費用は各家庭の支払う固定資産税を充て、無料とする。

・避難に介助の必要な人の施設は自然災害の危険のある場所に絶対に建設しない、いま危険地域にある施設は移転する。

・津波危険地域に住む人には、津波到達以前に避難できる津波の予想高さ以上の安全な高台や避難場所を用意する。 

・津波到達以前に高台等に避難できない地域にやむを得ず住む家庭には津波シェルターを提供する。シェルターの費用は各家庭の支払う固定資産税を充て、無料とする。

・地震や土砂で倒壊の危険のある地域にやむを得ず住む家庭には地震や土砂対策を実施する、させる。費用は各家庭の支払う固定資産税を充て、無料とする。

・地震や土砂で家屋が壊れたら直ちにヘリコプター等で空から消火活動や住人救助を行う体制を国主導で創る。

・地震や土砂対策の間に合わない地域にやむを得ず住む家庭には耐震シェルターを提供する。費用は各家庭の支払う固定資産税を充て、無料とする。



 

気になるマスメディア等

(黒文字は日本経済新聞の見出し等 赤字は私見)

・港区に地下シェルター 東京都予算案 危機回避を語る政治家が現れた。素晴らしい 2024/1/27

・能動的サイバー防御 急務 他国のサイバー攻撃はまず国が守るのが筋だろう、何を考えているか? 2024/1/25

202411日 午後410分ごろ 石川県能登半島で最大震度7の揺れを観測する地震が起きました。

 




代表 榎本五郎

略歴;

高砂熱工業(株)に勤務

()日建設計に勤務

建物の監理を担当

職業紹介業・植物栽培等々の会社を経営